プログラミング学習の挫折率は9割です。挫折しない方法とは?

こんにちは、taakoです。

この記事を見ている方は、これからプログラミングを始める人でしょうか、それとも挫折寸前の人でしょうか。

実は、一般的にプログラミングの挫折率が9割と言われています。

つまり、何らかの挫折対策をしなければ、ほぼほぼ挫折するということになります

そこで、本記事では

  • 挫折する原因
  • 挫折しない方法

この2点を解説しようと思います。

この記事を見てほしい人はこんな人です。

  • これからプログラミングに挑戦しようとしている人
  • 子供にプログラミングを挑戦させようとしている人
  • 今まさに挫折しそうな人

ではいきます。

プログラミングを挫折する原因

高専から社会人になるまでいろいろな人と関わってきましたが、ほぼ全員、下記の3つで挫折していると思います。

  • 何を勉強したらよいかわからない
  • モチベーションが続かない
  • エラーが発生した時に、治せない(最多)

何を勉強したらよいかわからない

プログラミングの勉強に正解がないです

したがって、どの言語を勉強すればいいのか、どこまで理解すれば完了なのか、正解があるわけではありません。自分の勉強の方向性が正しいかもわからないので、不安になると思います。

しかも、Googleで検索しても、プログラミングを勉強する手順が書いてあるサイトなど、あまり見つからないですよね。

わたしが現在いるチームではvb.netを使用しているのですが初心者がvb.netを1から学習する手順を説明したサイトを探してもみつからなかったです(あるかもしれませんが)。

モチベーションが続かない

プログラミングの勉強は永遠に続きます。たいていの人は、どこかで気持ちが切れます…

勉強をすると、新しい疑問がわきます。

疑問を解決すると新しい疑問が現れます。

あるとき、急にめんどくさくなったり、仕事やプライベートが忙しくなったタイミングでそのままフェードアウト…というのはよくある話です。

エラーが発生した時に、治せない(最多)

おそらく一番多いのがこのパターンだと思います

  1. プログラミングに挑戦
  2. 作ったプログラムが動かない
  3. 何時間も自力で解決しようとする
  4. できない
  5. あきらめて挫折

動かなくなった時に初心者が解決することはとても難しいです。コツさえつかめばどうにかなるのですが…。

挫折するとどうなるか

挫折した人はどうなったかなのですが、だいたいあまり暗い未来を迎えていないです。

高専・大学を中退した友人の進路はこちらです。

  • 警察(なぜか多い)
  • デザイン系
  • 学校の先生

会社を辞めて就職した人のうち、IT業界から離れた人はこちらです。

  • 不動産営業
  • 車販売
  • ホテルマン
  • レンタカー事務
  • カフェ店員
  • お花屋さん

久しぶりに会って多くの人が言っているのが、「転職したら職場で私がパソコン一番詳しかった…」です。

どうやら、プログラミングの勉強をしているうちに勝手にITの知識がつきます。

その知識はプログラミング以外のところで応用がききます。

もし挫折しても結果的に知識や技術がつくので、挫折を恐れずプログラミングの勉強に挑戦することは良いことだと思います。

挫折しないためには

とはいえ、挫折したくないですよね。

挫折しないためには、方法がありますので、いくつか紹介します。

  • 友達に教えてもらう
  • プログラミングスクールに通う
  • IT業界に就職する

この辺りです。

友達に教えてもらう

これが可能なら一番おすすめの方法です。

何事も最初はお金をかけずに始めるべき、と思っているのでプログラミングができる友人を頼るのがベストだと思います。

初心者の悩みを聞くと、経験者は、「昔おなじようなことで悩んだなぁ懐かしい」と思って優しく教えてくれると思います。

経験者の多くは最初は先生や上司にそうやって教わってきたはずです。

また、身近なプログラミングができる人を見ると、自分もできるようになるというイメージを持つことができるのでモチベーションの維持につながると思います。

プログラミングスクールに通う

王道かつ低リスクです。周りにプログラミングができる人がいない人におすすめ。

デメリットはお金がかかることですが、たまに、0円でjavaを教えます、というようなスクールがあったりします。

オススメはTechAcademyですね。

はじめてのプログラミングコース
  • オンラインなのでどこでも受けられる
  • 受講者全員にメンターがつく
  • チャットで質問したらすぐに返事が来る
  • オリジナルのサービスやアプリ開発をサポート

相談する環境が整っており、何を勉強すればいいかわからない、バグが解決できない、というような挫折につながる要因が排除されます。

プロのメンターがついており、料金も発生しているので、モチベーションが維持できなく挫折するということもないと思います。

無料体験などありますのでぜひやってみてください。

IT業界に就職する

おそらくこれが最速の方法です。本音では一番おすすめしたいですが、転職は人生がかかっているので、覚悟ができている人向けですね。

就職してしまえば一日のほとんどをプログラミングの学習に使えます。

最近は未経験を募集している求人がたくさんあります。

プログラミングスクールに行くとそのまま就職できるパターンもよくあるようですね。⇒【DMM WEBCAMP】

また、業界的な話をすると、日本人のプログラマの需要が高まっています。

なぜかというと、今までは外国人労働者の単価が安かったので、プログラミングは外国人を起用して節約する企業が多かったです(オフショア)。

しかし、年々外国人労働者の単価が上がってきているため、外国人を起用するメリットが薄くなってきました。

日本人に仕事を頼む方が安心ですし、コミュニケーションも楽なので、日本人プログラマの需要が高まっています。

デメリットは挫折した時は退職することになるのでリスクは高めかもですが、IT業界にいると、ITのスキルがつくので、次の職場でも生かすことができると思うので、長期的にみるとメリットかもしれません。

ちなみに、「AIエンジニア募集!」みたいなのは評判よくないようです。すべてがそうだとは思いませんが、ひたすらAIに学習させるために単純労働を強いられてスキルがつかない、というのが多いのが現状と聞きます。Web系(phpなど)やバックエンド系(javaやC#など)がオススメです。
エンジニア向けの転職サイトから自分に合った職場を探してみましょう。
下記のサイトでは無料面談など実施しているので、気になる方はぜひ。
エンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

まとめ

私は高専2年生から現在まで10年以上プログラミングを学習してきましたが、実は何度も挫折しています。

特に学生時代は、それこそエラーが解決できなくて悩んでいるうちに、部活やバイトが忙しくて勉強に手がつかなくなり、フェードアウト…というパターンです。

IT業界に就職してからは、わからないところは会社の先輩に聞けるので、学習が止まることはなくなりました。

相談相手がいるということが一番の挫折対策なので、友人を頼ってみるか、あるいはプログラミングスクールや転職を通じて相談相手を作ることをオススメしたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。