【札幌/ノマド】石山通駅周辺で作業ができるカフェ紹介!SalvadorCoffee(Wifiあり/電源あり)

こんにちは、taakoです。

浅煎りのコーヒーがおいしいカフェを紹介します。

左がパン屋さん。右がサルヴァドールカフェ。

SalvadorCoffee
石山通駅から徒歩1分
住所:北海道札幌市中央区南21条西11丁目4−11
営業時間:11:00~22:30※木曜定休日
Wifiあり、電源あり。
※現金のみ
※2020年6月14日現在

特徴

壁にはハンドメイド作品が飾られて、販売されています。

コーヒーのこだわりがすごいお店です。あと、コーヒーについての読み物がたくさんあるので、こちらのカフェに行くと、コーヒーの知識がつきます。

  • 浅煎りのコーヒーメイン
  • 豆は空輸

一つづつ説明します。

浅煎りのコーヒーメイン

深煎りのコーヒーをあまり扱わないことが特徴です。

札幌に数少ない浅煎りのコーヒーが多く、フルーティで甘みや酸味があるコーヒーです。

代わりに、コクや香りが少ないので、みんなが思う「コーヒーらしいコーヒー」ではないです。

コーヒーの本来の香りや果物としての甘みを大事にした珈琲です。

特殊な焙煎の業により、豆が焦げていないので、果肉に含まれるポリフェノールが失われていなく、健康にもよいようです。

さらに、カフェインも多く含まれています。

コーヒー豆は空輸

コーヒー豆は普通、船で運ばれますが、この店は違います。

空輸です。

船で運ぶと、3か月以上かけて運ばれます。赤道付近を通るので、高温になり、コーヒー豆が熱でダメージを受けてしまいます。

空輸なら、運ぶのに時間もかからないですし、高温にならずに済むので、コーヒー豆が痛みません。

コーヒー豆本来のポテンシャルを引き出せるのが空輸なのだそうです。

作業しやすさ

机の上の飾り。

Wi-Fiやや遅めな気がします。電源あります。

店内狭いので、混んでいる日は避けましょう。

あと、店長が多分ですが、ビジネス好きです。

置いてあった本

いろんなコーヒーやビジネスの本が置いてありました。

ブログやブログなど、頑張ろう!という気持ちになりますね。

特に、「週4時間だけ働く」という本が面白くて、読みいってしまいました。

メニュー

コーヒーがとてもおいしいです。

おすすめのコーヒーなど記載してくれているので、メニューも迷わないで選べます。

こんな感じでおすすめされたら、最低でも3回は行きたいな、って思いますよね。

浅煎り~深煎りまでのコーヒーあり。いろんな焙煎方法を試せます。

taakoはエチオピアとコーヒーゼリーパフェを頼みました。

テーブル広いです。

こちらは、本格コーヒーゼリー。

まとめ

カウンター席

浅煎りの焙煎方法は今は発展途上のようです。

札幌だと浅煎りのコーヒーを楽しめる店は少ないそうです。

濃厚なコクと苦みだけがコーヒーと思っていませんか?

ぜひ、浅煎り特有の、コーヒー豆本来の香りとフルーティな甘さ、酸味を味わいに、サルヴァトールカフェに行ってみてはいかがでしょうか。

他にも札幌のWi-Fiが使用できるカフェを紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。