【怪しくない】退職代行のおすすめ紹介、弁護士より合同労働組合が良い理由/ブラック企業で消費するのはやめましょう

こんにちは、taakoです。

taako

仕事辞めたい!けど、絶対引き留められる…、そもそも上司と話したくない…。どうしよう。

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、退職業者を利用すれば、一発OKです。

今回は、おすすめの退職業者を紹介します、

ちなみに、私が転職活動した経験をもとに書いた、「面接対策」の記事です。

退職の準備と並行に転職活動も始めましょう。

退職業者とは

その名の通り、退職の手続きを行ってくれる業者です。

会社を辞めたくて辞められない、という人が多いですからね…。

  • 代理に話を進めてくれる
  • 交渉をしてくれる

ちなみに、新しいサービスと思われがちですが、10年以上あるサービスのようですね。

怪しくない?

ぶっちゃけ、怪しいです。

理由は、代理人による交渉は法適合組合の合同労働組合か弁護士でなければ弁護士法に違反する可能性があるからです。

得にこの辺りがやめたほうがよさげです。

  • 普通の株式会社が運営
  • 代金が異常に安い

弁護士か合同労働組合に依頼しましょう。

どんな人が使うサービスなの?

ざっくり以下の悩みを持つ人です。

  • 人手が少なすぎて辞められない
  • 辞めようとすると引き留めてくる
  • 上司と話したくない
  • パワハラなどによる心身の疲弊

人手が足りない状態で、みんなして忙しい中耐えながら頑張っている会社で「辞めます」なんて言いにくいですよね…。

信頼性と費用について

頼む先によって、信頼性と費用が変わってきます。

  • 法人に頼む場合 ⇒ 違法性がある可能性あり:低費用
  • 弁護士に頼む場合 ⇒ 合法:高費用
  • 合同労働組合 ⇒ 合法:低費用

イチかバチかですが、低費用なで法人に頼むのも良いですし、未払いの残業代が多く、弁護士に頼んだほうがお得なケースもあります。

ですが基本は、合法&低価格の、合同労働組合がおすすめです。

合同労働組合の代行業者

実は、日本に1社のみです。

低費用で確実な退職代行【退職代行ガーディアン】

言葉通り、選択肢がこれ一択ですね。

辞める手順

手順は以下です。

  1. LINE送る
  2. お金払う
  3. 終わり

簡単ですね。

よくある質問

とはいえ、気になることがあると思います。

  • 本当に辞められるの? ⇒ 確実にやめられます。会社側に転職する権利を侵すことはできません。
  • 即日辞められるの? ⇒ 辞められます。依頼した時点で、上司や社長と電話したり、会ったり、会話する必要はありません。
  • もろもろの書類はどうなるの? ⇒ 郵送で行います
  • 人手不足でも辞められるの? ⇒ 辞めれます。人手不足なのは会社側の責任なので気にしないでください。

安心ですね。

迷っているあなたへ

辞めたい仕事を続けるメリットは0です。

人生は限られているので、時間は好きな仕事に就くために勉強したり、友人や恋人のために使ったほうが有益です。

特に、サービス残業が多い会社で消耗するのは最悪ですね…。時間を大切にしましょう。

結果、退職代行はおすすめ?

結論、状況によると思います。

  • パワハラを受けていて、心身の消耗が激しい
  • 上司が怖くて話せない
  • 人手不足過ぎて、言いにくすぎる

こんな人はおすすめです。

逆に、「頑張れば、上司に辞めることを伝えられる人」は、おすすめしません。

自分で言えれば費用はかかりませんからね。

まとめ

本ブログでおすすめする退職代行は、合同労働組合で低費用/合法の「退職代行ガーディアン」です。

私は、とても忙しいプロジェクトにいて、周りはどんどん辞めていきました。

久しぶりにあったら、大体みんな、幸せそうにしてます。

少なくとも、転職して、転職する前よりはよかったとみんな言っています。

ブラック企業で疲弊し続けるよりは、給料が減るかもしれませんが、自分の好きな仕事にチャレンジするほうが人生の充実につながると思います。

私が転職活動をしたときの記事も書きましたので、興味があればどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。