【Flash版】Viscuitをはじめる方法

こんにちは、taakoです。

今回は、Viscuitでプログラムを作成する準備をする方法を説明します。

この記事の経緯は、2020年6月現在、アプリ版のViscuitの開発環境にエラーが発生しており、Flash版で開発を行う必要があるので、作成しました。

Flashはサポートが切れているので、普通にインストールできません。

ですので、本記事を参考に、Flashをダウンロードしてみてください。

【注意!】

本記事で解説するブラウザはgoogle chromeEdgeです。

手順は以下です。

  1. Flashダウンロードを許可
  2. Flashをダウンロード
  3. Viscuitを開く

Flashのダウンロードを許可

chromeの場合

下記を開いてください。

chrome://settings/content/flash?search=flash

その次に、「サイトでの Flash の実行をブロックする(推奨)」をクリックして、「最初に確認する」に変更して下さい。

赤枠らへんをクリックして「最初に確認する」になっていればOKです。

edgeの場合

下記は公式サイトからの引用です。

  1. [設定など] > [設定] の順に移動します。
  2. [サイトのアクセス許可] を選択します。
  3. [サイトのアクセス許可] で、[Adobe Flash] を選択します。
  4. [Flash の実行前に確認する] オプションを選択して切り替えます。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4532571/microsoft-edge-turn-on-flash

edgeで上記の項目を探してみたのですが、taakoは操作方法がわからなかったです…。

設定>詳細設定>Adobe Flash Playerを使う

「Adobe Flash Playerを使う」にチェックを入れて、本記事の手順に従って進めていくと、Viscuitの開発ページが開けたので、おそらくこれで大丈夫です。

Flashをダウンロード

こちらからフラッシュをダウンロードしてください。

こちらをクリックしたときに、何らかのメッセージが表示されると思いますので、「許可」をクリックしてください。

Viscuitの開発ページを開く

Viscuitの開発ページをこちらから開いてください。

開けたらOKです。

まとめ

Viscuitの開発ページは開けましたでしょうか。

Flashは現在はサポートされていないため、非推奨です。

アプリ版のViscuitのエラーが解消するまでの応急処置として使用して下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。