プログラミングとはなにか、現役エンジニアができるだけ簡単に説明します!

taako

みんな「プログラミング」って言葉使うけど、そもそもプログラミングってなんだよ。

現役システムエンジニアの私が、上記の解説をします。

プログラミングの厳密な定義はこの記事では触れません。そこだけ了承いただいたうえでこの記事を読んでください🙇

結論から言うと、「命令を書くこと」です。

抽象的過ぎて難しいですね。できるだけわかりやすく書こうと思うので、このまま読み進めてください。

ちなみに、厳密なプログラミングの意味が知りたい場合は「チューリング完全」や「チューリングマシン」でググってみてくださいね。

まずはイメージ

そこにロボットがあって、ロボットに命令を下せるとします。

テープに命令を延々に書かれているものを想像してください。

テープに延々と命令が描かれています

(たぶん厳密には全然違うけど)これを専門用語でチューリングマシンと言います。

プログラミング言語とは

チューリングマシンのテープと同じように、ロボットに命令できる言葉をプログラミング言語といいます。

たとえばこんな言語あります。

  • PHP・・・このブログはPHPで作られています。
  • Scala・・・twitterはScalaで作られています。
  • scratch・・・小学校の授業で扱うプログラミング言語です。

ちなみに、チューリングマシンと同じことができるプログラミング言語のことをチューリング完全といいます。

プログラミングとは

ロボットにプログラミング言語を使用して命令を書くことをプログラミングといいます。

例えば、ロボットを歩かせるプログラムだと、こんなことを書きます。

  1. ロボットは右足を出す
  2. ロボットは転ばないように上体を起こす
  3. ロボットは左足を出す
  4. ロボットは転ばないように上体を起こす
  5. 1へ戻る

これがプログラミングです。

ロボットはどんなものがある?

このブログではプログラミングで動いているものをロボットと呼んでいました。

どんなものがプログラミングで動いているか、いくつか紹介します。

  • パソコン・・・機械語(0と1の2文字しか使えない言語)
  • youtube・・・Python
  • マイコン付き炊飯ジャー・・・C言語やC++言語など

今や、ほとんどの電子機器はプログラミングで動いています。

なぜプログラミングをするのか?

決まった作業を行うとき、プログラミングで行うと、人間がやるよりも効率が良いからです。

プログラムは「命令を書いたもの」です。

プログラムは書かれた命令の通り、文句も言わず、何千回でも、何万回でも、超高速に動きます。

だから、人間よりも効率が良いのです。

まとめ

小学校ではプログラミングの必修化がはじまりました。

これから、プログラミングを知っていることが、当たり前になっていく社会になると思います。

プログラミングとはなにか、なんとなくでも知っていただけたらと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。