@wordpress/env(wp-env)のデータベースをSequel Proに接続する方法

wp-envのデータベースをSequel Proで接続する方法を説明します。

以下のことが前提の記事です。

  • wp-envとは何か知っている
  • Sequel Proが何か知っている

もしわからない場合は、wp-envやSequel ProをGoogleなどで調べてから読んでください。

また、私は以下の環境で実行しています。

  • Macbook Air 2020(M1)

この記事を読んでできること

wp-envのデータベースにSequel Proで接続できるようになります。

Sequel Proは無料の中では最も人気のデータベースのクライアントツールの一つです。

Sequel Proは操作性に優れたUIなので、ストレスなく作業ができます。

方法

まずはwp-env startでWordPressのローカル環境を立ち上げます。

wp-env start

次にDockerを開きます。
開いたら、mariadb(またはmysql)の白い文字の部分をクリックします。
※ポート8889の場合はtests_mysqlの白い文字をクリックしてください。

次にINSPECTをクリックします。

以下画像の赤枠の5桁の番号をコピーします。

次にSequel Porを開きます。
ホットケーキのアイコンです。

開くと以下の画面が表示されます。

以下のように入力します。

  • ホスト・・・127.0.0.1(localhostを入力すると自動で127.0.0.1に変換される)
  • ユーザ名・・・root
  • パスワード・・・password
  • データベース・・・wordpress
  • ポート・・・先ほどコピーした5桁のポート番号

入力したら「接続」ボタンをクリックします。
「接続をテスト」ボタンをクリックして接続テストを行った後に接続でも可です。

無事接続することができました。
以下はSQLを実行した画面です。

無事SQLも実行できています。